美白

ホワイトショットはどれが良い?7種類の効果やCXSとSXSの違い

POLA(ポーラ) のロングセラーのホワイトショット。
種類がたくさんあってややこしいですよね。

この記事では、ホワイトショットはどれが良いのか、7種類の効果やcxsとsxsの違いについて解説します。

※ポーラを買うならPOLA公式サイト が圧倒的におすすめです。限定品・トライアルセットやキャンペーンもありますので是非ご覧になってみてください。

ポーラ 美容液 限定トライアルセット ホワイトショット SXS ブライトエクスペリエンスキット B.A ライト セレクター スペシャルボックス N
POLA公式サイト
お得!公式通販限定セット

リンクルショットとホワイトショットがお得に買えるセット:ホワイトショット スキンケアシリーズ

ホワイトショットはどれが良い?効果と違い【比較】

ホワイトショットの7種類の効果と違いを比較していきます。
是非ご自身にあった商品を見つけてみてくださいね。

ホワイトショット7種類の比較表

ホワイトショットの種類、成分、価格の比較表です。

商品名種類美白成分価格
SXS N美容液ルシノール
ビタミンC誘導体
13,200円
CXS N美容液ルシノール
ビタミンC誘導体
16,500円
LX化粧水PCE-DP12,100円
MX乳液PCE-DP12,100円
RXSクリームPCE-DP
トラネキサム酸
13,200円
QXSパックトラネキサム酸 7,480円
DX日焼け止めトラネキサム酸 6,600円
※価格は全て税込価格

SXS N(美容液)

美容液「SXS N」の美白有効成分は、ルシノールとビタミンC誘導体です。

シミやそばかすなどのポイント使いにおすすめの商品です。
もちろん、全顔に使うこともできます。

ホワイトショット SXS N(美容液)
引用元:POLA公式サイト

SXS Nの価格
  • 20g ¥13,200(税込)

CXS N(美容液)

美容液「CXS N」の美白有効成分は、ルシノールとビタミンC誘導体です。

全顔用なので、透明感をアップしたい場合におすすめです。

ホワイトショット CXS N(美容液)
引用元:POLA公式サイト

CXS Nの価格
  • 25mL 本体¥16,500(税込)
  • 25mL リフィル¥15,400(税込)
  • 50mL ラージ リフィル¥27,500(税込)

CXS N用のポンプが単品で購入できて¥1,100なので、ラージ リフィルと一緒に購入するとお得です。

ホワイトショット CXSポンプ
引用元:POLA公式サイト

LX(化粧水)

化粧水「LX」の美白有効成分は、PCE-DP(成分名:デクスパンテノールW)です。

コスパよく透明感とうるおいをケアしたい人におすすめです。

ホワイトショット LX(化粧水)
引用元:POLA公式サイト

LX(化粧水)の価格
  • 150mL ¥12,100(税込)

MX(乳液)

乳液「MX」の美白有効成分は、PCE-DP(成分名:デクスパンテノールW)です。

ジェル状美白ミルクで透明感とうるおいをケアしたい人におすすめです。

ホワイトショット MX(乳液)
引用元:POLA公式サイト

MX(乳液)の価格
  • 78g ¥12,100(税込)

RXS(クリーム)

クリーム「RXS」の美白有効成分は、PCE-DP(成分名:デクスパンテノールW)とトラネキサム酸です。

温度変化が激しい環境でも、皮フ温の急激な変化から肌を守ることを目指す「RXSシールドデリバリー処方」と「温度差シールド設計」が特徴です。詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

ホワイトショット RXS(クリーム)
引用元:POLA公式サイト

みずみずしい「スプラッシュシールド感触」なので、こってりしたクリームが苦手な方にもおすすめです。

ホワイトショット スプラッシュシールド感触 テクスチャー
RXS(クリーム)の価格
  • 50g 本体¥13,200(税込)
  • 50g リフィル¥12,650(税込)

QXS(パック)

フェイシャルパック「QXS」の美白有効成分は、トラネキサム酸です。

目元用かと思いきや、ほうれい線にも使える優れものです。

ホワイトショット QXS(フェイシャルパック、マスク)
引用元:POLA公式サイト

QXS(パック)の価格
  • 2枚入り(6.0mL)×20包 ¥7,480(税込)

DX(日焼け止め)

日焼け止め「DX」の美白有効成分は、トラネキサム酸です。

紫外線、近赤外線、大気汚染物質を含むマイクロダスト、ブルーライトからも肌を守る「マルチカット設計」で、みずみずしいテクスチャーが特徴です。
外出時だけでなく、屋内でのブルーライト対策にもおすすめです。

ホワイトショット DX(日焼け止め)
引用元:POLA公式サイト

DX(日焼け止め)の価格

150mL ¥12,100(税込)

ホワイトショットの美白有効成分まとめ

科学的根拠のある美白有効成分のある成分、ルシノール、PCE-DP(デクスパンテノールW)、トラネキサム酸について解説します。

ホワイトショットを選ぶ際に参考にしてみてください。

ルシノールとは?

ルシノールは、ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担う「ポーラ化成工業株式会社」が研究開発した美白有効成分で、美白効果成分として有名なアルブチンの数万倍高い美白効果があります

より効果の高い美白剤を開発する目的で, メラニン産生にかかわるチロシナーゼとTRP-1の活性阻害に着目して研究を行った。その結果見出した4-n-ブチルレゾルシノール (以下BRと略す) は, 強力なチロシナーゼ活性阻害作用に加えTRP-1活性阻害作用も併せ持っていた。BRは細胞毒性によらずB16マウスメラノーマ細胞のメラニン産生を可逆的に抑制し、その力価は広く美白剤として応用されているアルブチン・コウジ酸より強力であった。0.3% BR配合ローションは, ヒト紫外線色素沈着に対し, 照射前から塗布した系で有意な抑制作用を示すとともに, 色素沈着が認められた後から塗布を開始した系においても, 有意な色素沈着消退促進作用を示した。また, 449名の健常女性を対象とした1ヵ月間の使用試験においてもシミ・ソバカスに対する有効性が認められたことから, BRは優れた効果の期待できる美白剤であると考えられた

片桐 崇行, 大久保 禎, 及川 みどり, 二木 希世子, 釈 政雄, 河合 充夫, 竹ノ内 正紀.「4-n-ブチルレゾルシノール (ルシノール®) のメラニン産生抑制作用とヒト色素沈着に対する有効性」日本化粧品技術者会誌,2001

PCE-DP(ピース ディーピー)成分名:デクスパンテノールWとは?

PCE-DP(ピース ディーピー)は、ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担う「ポーラ化成工業株式会社」が研究開発した美白有効成分で、シミの原因となるメラニン量が減少していき、メラニンを抱えた細胞が自然にはがれやすくなると考えられています。

メラニンの蓄積を抑制し、シミ・ソバカスを防ぐ効果があり、厚生労働省に新しく認可された美容成分です。

※PCE-DPの成分名が「デクスパンテノールW」で、デクスパンテノールWと表記されることもあります。

PCE-DPを与えた培養表皮細胞では、①メラノサイトにメラニン引き渡しを促す伝達物質の産生が沈静すること(補足資料3)と、②表皮細胞自体のメラニンの取り込みが沈静すること(図1B)が分かりました。これにより表皮細胞に含まれるメラニン量が減少していくと考えられます。

ポーラ化成工業株式会社.「市場で約10年ぶり※1の新たな美白※2有効成分、PCE-DPのメカニズム休眠しているエネルギー産生経路を起こし、メラニンが蓄積しにくい肌へ」,2019

トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸とは、メラノサイト活性化因子「プラスミン」を阻害することによってメラニンの生成を抑えることで美白効果のある成分で、厚生労働省に認可されています。化粧水や美容液など広く利用されています。

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは、アスコルビン酸と呼ばれるピュアビタミンCを肌に吸収されやすいように改良した美容成分です。

メラニンの生成を抑制することによって美白効果を発揮します。トラネキサム酸と同様、化粧水や美容液に広く利用されています。

ホワイトショットCXSとSXSの違い

ホワイトショットのCXSとSXSはどちらも美容液で、美白効果のある成分はルシノール
ビタミンC誘導体で同じですが、使用部位やテクスチャーが異なります

使用部位テクスチャー効果
CXS全顔とろみ・透明くすみ
SXS部分クリーム状シミ

使用部位の違い

CXSの使用部位は全顔、SXSの使用部位は部分となっています。

お値段は張りますが、もちろんSXSを全顔に使うこともできます。

テクスチャーの違い

CXSは、とろみのある透明な美容液です。全顔用なので広がりやすいテクスチャーです。

SXSは、こっくりしたクリーム状です。気になるポイントに密着するテクスチャーです。

くすみケアならCSX、しみケアならSXS

顔全体のくすみケアにはホワイトショットCSX、部分的なシミ対策や肝斑対策ならホワイトショットSXSがおすすめです。

ホワイトショットはどれが良い?おすすめ3選

ホワイトショットは結局どれが良いのか、おすすめ3選をご紹介します。

予防ならDX(日焼け止め)

10年後、20年後を考えて予防したいならDXがおすすめです。
屋内にいてもブルーライトの影響があるため、日常的に使用することで将来的にシミやくすみをできにくくすることが期待できます。

美白ケア初心者ならLX(化粧水)

LXは一番コスパがいいため「くすみが気になってきた」「そろそろ美白ケアしようかな」という方におすすめです。

ポーラが開発した美白に効果のある新成分「PCE-DP」を試してみたい方にもおすすめです。

シミ・肝斑などのお悩みがあるならSXS(美容液)

シミや肝斑などのお悩みがあり、改善したいと考えている場合はSXSがおすすめです。

SXSは一番美白効果成分が濃厚です。
また、塗った箇所に密着してスポッツ膜を形成する「ショットカバー感触」やクリームがスポッツ膜を形成する「SXSショットデリバリー処方」など、部分的に使用することを想定して作られているため、成分が狙ったところに浸透しやすいです。

一番いいのはライン使い

一番いいのはもちろんホワイトショットを全てラインで使うことです。
ただ、お値段が高いということと、他のケアをしたい方には「化粧水だけ」「日焼け止めだけ」という使い方もおすすめです。

リンクルショットと併用してシミ・シワ対策

リンクルショットと併用することでシミとシワの両方を対策するという作戦(笑)もいいですよね。
その場合は、ホワイトショットを化粧水にしてリンクルショットを美容液にしてみてはいかがですか。

今なら限定でハーフサイズをお得に買えるキットがあります。

お得!公式通販限定セット

リンクルショットとホワイトショットがお得に買えるセット:ホワイトショット スキンケアシリーズ

ホワイトショット リンクルショット ハーフサイズプログラムキット

いかがでしたか?
ホワイトショットでお悩みが解決するといいですね。

NGを出している女性
ホワイトショットの偽物に注意!見分け方を解説 POLA(ポーラ) の人気商品『ホワイトショット』の偽物が出回っています。偽物は美白有効成分が入っていないだけでなく、肌に悪い成分が入...